現在働いている職場に転職する為に行われた面接

面接で大切なことはこれだ

面接といえば、就職や転職とは切っても切れない重要な局面です。ここでこれからの人生が決まってしまうと言っても過言ではない位大切な場面です。そのため、面接が苦手、どういう対策をしたらいいのかわからないという話をよく聞きます。いざ面接が始まると自分が何を言っているかわからなくなってしまったり、おどおどしてしまって自分の良さを出すことができなかったり。こうなってしまっては面接は失敗ですね。失敗する原因はずばり緊張です。適度な緊張感は必要ですが、頭が真っ白になるほどの緊張は面接の失敗を招きます。

では、この緊張をどうしたらいいのか。必要以上の緊張はこれから面接で何を聞かれるのか、それに対して自分はうまく答えられないかもしれないという不安から来ます。それならば、どんな質問が来ても答えられるくらいに面接の練習をすればいいです。具体的にはまず、履歴書やエントリーシートに書く志望動機を自分の言葉で何も水に言えるように練習しましょう。また、どのような質問が飛んでくるかわからない実際の面接に備えて友達や家族など色々な人と模擬面接を行いましょう。そこでは志望動機は勿論、その人が面接官だったら何を聞きたいかを実際に質問してもらいます。どんなにくだらない内容でも仕事内容と関係のないことでも構いません。これをなるべく多くの人と繰り返すことでどんな質問が来ても臨機応変に答えられるようになります。沢山のひとに練習に付き合ってもらいましょう。