現在働いている職場に転職する為に行われた面接

面接では面接官の表情から空気を読み取ることが大切です

日常生活の中における友人などとの会話で、あるいはテレビなどを観ているとよく聞かれる表現として空気が読めるとか、読めないとかという表現があります。この空気というものは面接においても非常に重要なことになります。つまり、面接においても空気を読んで対応することが必要になるということです。

そこで、面接中にどのようにして空気を読めばいいのかというと、それは面接官の表情です。緊張している状態では、普段のようにいろんなことに気が回らなくなってしまうものですので、普段は空気の読める人と言われている人もしっかりと意識をして見ておかなければいけません。例えば面接官がこちら側の答えを聞いた後に首を傾げるといった仕草をした場合は、答えがずれている可能性があります。ずれているとは、質問を趣旨を理解できていないということです。こういう状態でいくら一生懸命答えても相手から好感を得ることは出来ません。すぐに質問の趣旨について確認をするなどの対応が必要になります。このように面接においても空気を読むということは非常に重要な事で、それをするための手がかりは面接官の表情です。質問に答える時は相手の目を見る必要があると言われますが、それは空気を読むという面でも有効な行為になります。