現在働いている職場に転職する為に行われた面接

面接での応募者からの質問

転職でも新卒者の就職でも面接の終わりに「他に何か質問はありませんか」と、応募者からの質問を求める場面があります。その際に「特に何もない」と答えてしまうと、入社意欲を疑われてしまうので、必ず何か質問をするようにしましょう。そのために事前に質問を用意してから面接に臨むと良いでしょう。

この最後の応募者からの質問次第では、それまでの経過でいま一つであった評価を一気に上げるケースもあるようです。しかし、会社のホームページに掲載されている事柄など調べればすぐに分かるような基本情報を聞くことは避けるべきです。又、有給休暇や福利厚生に関する事項など待遇面への質問も好ましくありません。そうは言っても、給与等を不明にしたまま内定を得から後になって公開することもあるので、二次面接以降に質問の機会が与えられたら、そこで確認をすることも出来ます。その際にも、待遇面ばかりを気にしているとの印象を与えないことが大切です。

質問事項として一般的なのは、仕事の内容や今後の事業展開や戦略などの方向性についてが挙げられます。応募先での仕事に前向きな姿勢であることと結びつける形での質問をしておきたいところです。最後には面接の場を設けてくれたことへの謝意と、改めてその会社で働きたいという熱意があることをアピールしておきます。