現在働いている職場に転職する為に行われた面接

面接で気を付けておきたい基本マナー

面接では質問の答え方以外にも気を付けなければならないことが多くあります。まずは、基本的なマナーとして指定された時間は守ることが原則です。遅刻、直前に到着はもちろん禁止ですが、早く着きすぎるのも会社の都合があるので避けましょう。面接の10分前に会社に到着するようにしましょう。服装は、第一印象が大きく変わる重要なポイントです。特に指定がなければ黒やグレーのスーツを着用し、派手なアクセサリーや靴に汚れがないか等の細かい部分まで意識して身だしなみを整えます。会社に入る前に乱れがないか、再度チェックしましょう。

また、面接官だけでなく、受付、案内してくれる方や会社に入ってすれ違う人にも、自ら進んで挨拶をするよう気を配って下さい。面接まで待ち時間がある場合も、携帯電話には触らず背筋を伸ばし良い姿勢を保ちましょう。面接に臨む際は、面接官の質問にどう答えるかという対策に力を置く人が大半です。しかし、社会人としての基本的なマナーが身についていなければ、どんなに良い回答をしても一緒に働きたいと評価してもらえません。面接終了後も、会社から離れるまでは気を抜かず、最後まできちんとした対応を意識することが重要です。