現在働いている職場に転職する為に行われた面接

ドアから出るまでが面接

面接の最中は誰でも気を張っているでしょう。しかし、終了した瞬間に気が抜けてしまう人も沢山います。ドアから出るまで絶対に気を抜いてはいけません。退出にもマナーがあります。もちろんですが、あいさつもせずそのまま退出してはいけません。ドアのところで室内に向き直り、採用担当者の方をしっかり見て失礼しますと言いましょう。それからドアを開けて出ていきます。しかし、ドアの閉め方にも注意しなくてはいけません。ドアのところできちんとあいさつしても、後ろ姿を見せたままドアを閉めてしまっては印象は悪くなります。

バタンと音をさせて閉めるのもNGです。ドアを開けて出たら、再び室内の方に振り返り、静かにドアを閉めるのがマナーになります。また、面接が終わったら、すぐに室内から出ないといけないと思っている人もいます。モタモタするのはいけませんが、急いで出ていく必要はありません。むしろ、急ぐとバタバタしている印象を持たれてしまい、採用される確率を下げてしまうことにつながります。とくに、イスから立ち上がるときは慌ててしまいがちですが、慌てるとイスをガタガタさせてしまいます。落ち着いて行動すればこう言うことにはなりません。